ほほえみほとけ/倉敷坊さん玩具工房

坊さん玩具_HPロゴ(茶色).jpg










これまで10年にわたり「ほほえみほとけ」の作家として、仏画や陶芸作品を発表してきましたが、本年より『倉敷坊さん玩具工房』として新たに制作の幅を拡げることにしました。この工房は「あそび心・もの心・いのり心」を軸に、僧侶ならでは縁起物などを生み出していこうと考えております。「寺内制手工業」というコンセプトで土人形、張り子、版画、切り絵など地域の土産品になる物を中心に手作りの味わいを提供していく所存です。なお「ほほえみほとけ」は今まで通り、工房内の1セクションとして位置づけて、制作を続けて参ります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

坊主・天野こうゆう


作家名
天野 高雄 (あまの こうゆう)
工 房
岡山県倉敷市中島186番地《高蔵寺》
紹 介
1968年生まれ。15歳の時、高野山に入る。祖父の後を継ぎ、平成7年3月に高蔵寺晋山。住職を勤めながら、近県を中心に布教活動を展開。寺院だけではなく、団体、学校、企業などでも講演を精力的に展開。自坊では寺報を制作配付、「明るく、わかりやすく…」をモットーにHPや法話会、各種行事を季節ごとに開催、特に月2回の子供を中心ごとした寺子屋を開校し、注目を集めている。また、画家として仏画や陶芸を制作。毎年各地で個展を開催し、目で見る法話として喜ばれている。2001年よりラジオ『拝、ボーズ!!』のパーソナリティーとして、新しい法話の可能性を示し、ギャラクシー賞受賞。弘法大師の教えをあらゆる手段を駆使し、今に役立つ実践的流布を目指すと共に、高蔵寺根本道場再現の為、全力を注いでいる。法話のポータルサイト『ようまいりドットコム』も運営。
主な個展
日本郷土玩具館プラスワンギャラリー(倉敷)、夢空間はしまや(倉敷) ギャラリーカト(京都)、アートギャラリーテン(神戸) 岡山丸善ギャラリー、アートスペース瑠璃(東京青山)倉敷『屏風祭』に毎年出展
出版物
画集「ほほえみほとけ」「ほほえみ日めくり」 詩画集「ほほえみ文庫」シリーズなど《御法インターナショナル》

IMG_2154.jpg

IMG_2109.jpg

IMG_2117.jpg

IMG_2116.jpg